« またテストですいません。 | トップページ | 餃子、餃子、餃子。 »

税金の還付が減った?

親達の確定申告の準備をしていて、データを入れて一回戦計算をしたら、どうも昨年までと違って還付の金額が小さいようで・・・・ おかしいな~、計算間違えたかな~、ソフトが計算を間違えるはずがないし~。                                                  

昨年までは、追加で受けられる控除の合計額のザクッと10%は還付される、という頭があったのです。今年はこの半分くらいなんです。そう、皆さんからの指弾の声が聞こえるようです。税制改正(税源移譲)で昨年度から税率が変わっていました。課税所得195万円以下の税率は10%から5%の半分に。だから、その分、今年の住民税が増えるんですね。

おれ、どこかのセミナーで税制改正の話をしたよな~。「それじゃ、ダメじゃん!」

  

                                                 

|

« またテストですいません。 | トップページ | 餃子、餃子、餃子。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

所得税は基本的に減税されました。
売上の10%が天引きされている士業については、天引き対象となる売上が同じなら還付額が増えるはずです。
還付額の減額は売上減?天引きされる売上のみ減?経費減=利益増?

投稿: とみん | 2008年1月29日 (火) 12時14分

年金のみが収入の年金受給者の親の場合、社保庁で各年度年金支給前に計算するのですが、課税所得80万円に対する源泉徴収額(一昨年は8万円、昨年は4万円)を決定します。確定申告で、社保庁で含めていない国保保険料20万円を含めて計算する際に、昨年までは還付額は2万円、今年は1万円と、還付額が減少するようです。言い換えれば、上乗せの控除額に対する限界税率の差が、一昨年と昨年のケースで現れる、と言えばよいでしょうか。説明が下手ですいません。

投稿: Mt.Key | 2008年1月29日 (火) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またテストですいません。 | トップページ | 餃子、餃子、餃子。 »