« GWの雑踏の中へ | トップページ | 美しき人 »

名古屋だもんで・・

親戚の通夜と葬式に参列してきました。

いわゆる専業の葬儀場でのお通夜と葬儀でした。

私の宿泊場所がその葬儀場だったので、

同じく泊まりの親戚と共にお線香を上げながら

一夜を明かしました。

私の母の兄弟の中の長男が亡くなったのですが、

7人兄弟とあって沢山の親類が集まり、

また、いわゆる本家の長男に当たるとあって,

祖父の故郷である長野からも多くの方がみえていて、

一般の人間の葬儀にしてはそこそこの大勢の葬式でした。

葬儀の席では、通夜に見えた導師に3人のお坊さんが加わり、

お経の合いの手にシンバル(の如き)や太鼓を鳴らしての

法要でした。これが「チーム浄土宗」かと思いつつ眺めていました。

告別式後は火葬場に移動ですが、

さすが大都市名古屋の火葬を一手に行っているとあって、

私が見えた限りの火葬の釜の番号が最大で50番。

ですから少なくとも同時に50体以上の火葬が出来るようです。

別に、通路から「ペット」の文字が見えたので、ペット用もあるようです。

葬儀の後や、火葬後の初七日の法要の後の、

お坊さんがしっかりとした説法をされるのを聞くにつけても、

葬儀の端々の様子を見るにつけても、

名古屋には未だ田舎の片鱗が残っているのかな、と思いつつ、

食事と重い引き出物を頂いて失礼しました。

帰りの新幹線はひどい混雑でしたが、幸い各駅停車の

こだまの自由席に空きがあったので、1時間余分に新幹線の旅を

楽しみながら、昨夜我家にたどり着きました。

|

« GWの雑踏の中へ | トップページ | 美しき人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWの雑踏の中へ | トップページ | 美しき人 »