« 女子マラソンだ | トップページ | 超高齢社会 »

ファニーとフレディとジニー

米国の日本版住宅金融公庫が揺れています。

ファニーメイ、フレディマックそしてジニーメイなどのニックネームです。

サブプライムの流れで、住宅ローン関連業務の資金繰り悪化が

懸念されているのです。

新聞やニュースにあるように日本の機関投資家がこれらの債券を多く

持っています。恐らく個人で持たれている方もいらっしゃるでしょう。

それは、これまでに大手証券で、米国国債と同様に個人向けに

販売していたからです。何故知っているかと言いますと、

私自身が$の債券投資で、国債、州債や上に述べた準公的機関債を

ウオッチし、これらの住宅関連債も話の中で説明してきたからです。

実は数年前に私もファニーメイを勉強も兼ねて買おうとしたのですが、

適当な残存期間の債券が無く、州の公的機関債にしたことがありました。

昨年秋に専門家によるサブプライムの解説の際に、専門家に

上記話題の3つの債券の信頼性・流動性を質問したのですが、

的を得ない回答だったので、各HPをチェックした上で、

それ以降はファニー、フレディ、ジニーは投資対象から外していました。

今回の報道は勿論驚きではありましたが、

個人レベルでの情報収集の難しさを感じる次第です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

7月25日  New 「損切ること(運用で)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report7gatu.htm

|

« 女子マラソンだ | トップページ | 超高齢社会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女子マラソンだ | トップページ | 超高齢社会 »