« 陳建一も真っ青 | トップページ | リーマンをモデル・ケースとして »

あのリーマンも・・・

あのリーマン・ブラザーも破綻ですか。連邦破産法11条。

いわゆる、チャプター・イレヴンと言うやつですね。

いや~、これも、金融界の大きな事件になりましたね。

当時、リーマンが非鉄金属のブローカレッジ部門を

東京に持っていて、仕事で良くお付き合いをさせて頂いていた。

会社の規模等から、「まさか」の思いがとても強い。

  

先日Citiの行員と話をしていて、私より、減損会計で

過剰のロスを計上し、ある時、過剰分が利益として認識される

可能性があるのか、という質問にはNoでした。

今日の件は単独の会社の破綻整理ではなく、まだ続く

過程のワン・シーンに過ぎないのでしょうか・・・

金融機関のトップ・クラスの状況に眼が離せない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

9月12日 New「年金と給料の調整(1)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report9gatu.htm

|

« 陳建一も真っ青 | トップページ | リーマンをモデル・ケースとして »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陳建一も真っ青 | トップページ | リーマンをモデル・ケースとして »