« タイガース相場論 | トップページ | 雷の下のマウス »

下の下

社会保険庁の職員が、厚生年金などの社会保険の関係で、

会社の経営者に標準報酬月額(社員の給与)を下げて報告させ、

企業の負担する保険料を下げて、費用負担を下げることを

指南したとの報道。これは「下の下」の話ですね。

企業の経営が苦しいと言われ、出費を減らして、なおかつ、

保険料の徴収率を下げない、「魅惑」のアイデアだと思ったのか?

まあ、これ以上コメントもしたくありませんが。

    

記事を読んで思い出すのが、私の周りや見聞きしたことで、

合法的らしいのですが、中小企業の社員の給与を

調整(下げて)して、社会保険の保険料から、いくばくかの

資金を捻出させて、そしてあれやこれやをアドバイスする・・

訳の分からぬ制度に仕上げて、販売を目論む筋も・・・

私は基本的には、これも雇用の本質を履き違えた話で、

中小企業の経営のためと称して、ビジネスで食い込む

口実にしているだけじゃないかと、感じている次第です。

ある意味、社員にみならず経営者も被害者になりえます。

  

社会保険庁の話でもそうですが、制度を知っている人は、

理性が働けば、センサーが働いて思いとどまるはずです。

良識センサーは、いつも磨いておきましょうね。シコシコ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

9月5日 New「パートと税金の壁」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report9gatu.htm

|

« タイガース相場論 | トップページ | 雷の下のマウス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイガース相場論 | トップページ | 雷の下のマウス »