« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

お寺巡り

西宮でお寺巡りをしてきました。

お寺巡りといっても、四国八十八ヵ所のような巡礼ではなくて、

実家の宗派のお寺を回ってきました。

目的は、実家はどこのお寺の檀家でもないので、

将来何かあったときのために、ある程度当りをつけておくこと。

一日を掛けて車で8箇所回ったのですが、本当に様々でした。

お寺と言えば、広い敷地と本堂にお墓をイメージしますが、

   

敷地一杯に5階建てのモダンなビルを建てて、その中に

本堂から会館を押し込んでいるところ。

    

納骨堂には大中小の仏壇サイズのチョイスがあって、

宗派を問わず受け入れるビジネス積極型。

    

そうかと思えば、昔ながらのお寺で、奥様の話によると、

住職は畑にほうれん草を植えに行ったと言う、のどか型。

  

やはり、施設に震災の爪あとが見えたり、真新しい柱で

建てられた新品のお寺も3箇所ほどありました。

  

こんな感じで、本当に千差万別で、いろいろです。

普段は全く考えもしないお寺のことですが、この日は

眼一杯、お寺を見て、比較し、考えた一日でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月31日 New「実体経済の悪化」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

新そば

家内の友人から新そばで打った自家製手打ち蕎麦を頂きました。

ほんのりとした緑と上品な香り感じさせる麺で、

旬を感じながら冷たいおそばで頂きました。

本当にたまたまだったんですが、家内がわさびを

1本買っていたので、それをすりおろして薬味に。

休日の至福の昼食。

日本に生れて・・・良かった~。

お友達には「だんだん。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月24日 New「ちょっと一休み」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

ガソリン物価指数は・・・

いつぞやガソリン物価指数を提唱しました。

原油価格が下がっても、以前の原油価格に対応する

ガソリン価格まで下がらなければ、この下がらない部分の

割合が物価指数と。

今、しっかりと原油価格は下がってきましたが、

上昇局面の原油価格とガソリン価格の動きを

記録していないので、この物価指数が分からない。

あーあ、検証ができないや。

原油$70くらいの時のガソリンは、100円と少しくらいじゃ

なかったなか?残念、こんな体たらくではノーベル賞も

おぼつかない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月24日 New「ちょっと一休み」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おみやげ、おみやげ。

帰省のお土産に、この時期の落花生の新豆をゲット。

800gで2310円。やはり値上がりしているんでしょうか。

かたちとしては、お土産との名目なんですが、

実際は、結局、最後は、私が実家でバリバリと、

ビール片手に食べ散らかすのです。

それじゃ、ダメじゃん!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月17日 New「相場商品(先週)の補足」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

いいんじゃない~

実体経済の影響を悲観して株式市場下落。

今日はこんな見出しが新聞に載るのかな?

金融危機の対応が世界の政府レベルで進み、

「Citi」が傾く心配がなくなったとすれば・・・

もし、このような環境下の実体経済の不調であれば、

なにか期待を感じさせる気がする、私は。

これまでの狂気と過度な不信から抜け出して、

いわゆる経済の問題に絞られて来たのであれば、

問題と評価がはっきりしてくる。

おそらく、問題の実体経済、企業が弱り、雇用が悪化し、

消費は落ち、在庫は増える。設備投資も後回し。

続々と企業の収益予測は下方修正され、場合にとっては▲。

さらに株式市場が反応することもあるだろう。

しかし、いよいよ、景気循環の観点で見ることができる

世界になれば、循環を見越して、景気の底を

確認する時点が来るであろう。これに先駆けて

株式は反転するであろう。

景気は全然だめだが、論点が絞られてきたかもしれない。

春の予感でなく、冬の向こうに春がある予感がしてきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月17日 New「相場商品(先週)の補足」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

条件付預金

株価に連動して、ノックインオプションを売らされる、

例の金融商品です。

ある雑誌で有象無象とごっちゃになって表に書いてあるので、

眼で追いながらの私の概算(だから、信用しないで)で、

残高が6000億円以上ありそう。この金額ですから、

やはり将来、問題になりますよね、きっと。

  

お客さんで、また、この商品でヒットされた人が相談に。

まず、ご本人に自覚が薄いというのが共通の特徴だが、

残念ながら結果に対する特効薬はなく、

戻りを期待して、どこかでポートフォリオの組替えを

行うことくらいであろう。というのは、この預金は、

預金ではなく、ヒットされた瞬間に株式投資に

化けるので、投資資産比率が大きく株式に偏る例が

多いからだ。

あまり芸がないのだが、う~ん、何か妙案があれば

教えてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月17日 New「相場商品(先週)の補足」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

相談者役の募集

11月1日のFPフォーラムでセミナーをやるのですが・・

個別相談を模して、私が相談者の質問を受ける形で、

住宅ローンの話を展開する、こんな構想なんです。

事前の打ち合わせの流れで、質問をしてもらうのですが、

どなたか、この相談者役を引き受けませんか?

事前に1回は打ち合わせをして、つぎは本番です。

大した役ではないので、お願いベースなのですが・・・

どなたか、如何ですか?

| | コメント (0)

FPの日のご紹介

来月1日に、私の属する日本FP協会が行う全国統一行事の

一貫として、千葉支部が浦安で催し物を開催しますが、

このご紹介です。

楽しい企画やFPとの相談を体験できるコーナーもあります。

家計や生活の疑問が解けるかも・・入場は無料です。

私も講師役で住宅ローンのお話をします。

    

日時:11月1日(日)10時~16時

場所:浦安市民プラザWave101(JR新浦安駅南口徒歩3分)

    

暮らしのセミナー

10時 『家計簿をつけなくても、お金はたまる』   講師:安田まゆみ氏

    (日本テレビ イブニング・ニュースのコメンテーター)

11時 『親子の実践マネー教育』   講師:森田久美子氏

13時 『女性のための年金・保険』   講師:黒羽健司氏

14時 『FPと一緒に考える資産運用』   講師:石川智寛氏

15時 『住宅ローンのお話~相談会を再現しながら~』 講師:鍵山健一

   

無料個別相談会(要予約)

家計、保険、年金、住宅ローン、資産運用など、日頃の心配や

疑問にお答えします。50分の体験相談です。

   

おこづかいゲーム

お小遣い帳をつけながら金銭感覚を養うゲームです。

アニメのビデオ(金銭教育用)も流しています。

また、手作りでできる貯金箱など、楽しい景品も準備しています。

  

連絡先

日本FP協会千葉支部

電話 047-460-8180

メール info@fpchiba.net

  

会場でお会いしましょう。お待ちしています。

  

| | コメント (0)

デリバティブの解けない問題

昨日も書いた、株価に連動する条件付預金の話です。

この商品で使っている、ノックイン・オプション。

なかなかやっかいで、適当な対策が思いつかない。

こんな商品は買わないのが絶対の対策なのですが・・・

通常のオプション売りには、危くなると売りを建てると言う

対策が考えられます。ところがノックインは、例えば、株価が

9000円まで下がったときに、17,000円の買いの

ポジションを持たされるので、今の9000円の市場では

対策の17,000円での空売りなどは到底出来ない。

本当にやっかいなんです。満期になるまでに、

これを買ったときの株価に戻ることを祈るしかない。

話は変わり、技術的な問題では無いのですが、

金融商品販売法というのがあって、売る側がいかにも

儲かるような誤認を与えるような説明をしたり、

リスクの説明を怠った場合など、その法律に定める

違法行為があれば、買い手は損害の賠償ができる、

というもの。ただし、この違法行為を買い手が証明する

必要があります。敵も敵ですから、証明するのは大変でしょうね。

買った時のメモ書きやパンフレット、販売員の話を

書き記したものを保存するなど、証明するものがあればベスト。

明らかに法律の中にある違法行為があると思えば、

アクションを起こすのも対策の一つのなるかも。難しいでしょうが。

私の同業でさえ、一般投資家に不要な投資や金融商品を

勧める人もいます。簡単に出来たり買えたりするのも

問題と思いますが、最終的には自己責任と自分に言い聞かせて、

その金融商品の中身を良く調べてから行動することです。

「お願い・・・します」

| | コメント (0)

将来、絶対問題になるよ

私のHPやブログには時々書いてきたのですが、

株価と連動した条件付預金の潜在的被害が拡大しています。

現在でも、この手のデリバティブを組み込んだ金融商品について、

私にも相談が来ますが、際限の無いリスクを持ち込むようなものなので、

私は即座にやめるように、お客様にはずっとお話しています。

相場が下がってからノックインのオプションが発生する商品が

多く、為替や金利でも同様の仕組みの商品が一般と投資家に

販売されています。現在、このノックインが、株価が下がる度に

どんどんヒットしているのが現状で、しかし、買った投資家が

これを認識していないケースが多いのでは・・・

この怖いところは、ノックインが発生した時は、お金のやり取りは

起きないので、投資家は何も分かりませんが、満期の精算時に、

その時の株価によっては、元本の数割が失われることに気付く

ことになるのでしょう。株価がもりもり盛り返して、

差損が出ないまでに株価が上がれば差損は発生しないので

事件は起きないと思いますが。

分からない商品、取引には首を突っ込まないことですな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月10日 New「乱高下の中の思考(2)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

下がるだけで元気が出ない

昨今の株式市場じゃないけれど、

私のネット将棋のランキングは下がるばかり。

どうも最近は序盤の作戦ミスが祟って、中盤で盛り返せない。

これじゃ、梗塞(高速)の寄せも宝の持ち腐れ。

戦法を変えて、車掛りの陣から鶴翼の陣に布陣を展開。

実は最近、川中島で武田と上杉の戦いの解説を読んで

覚えた戦法を書き並べただけですが・・・

それじゃ、だめじゃん。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月10日 New「乱高下の中の思考(2)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

ビッグ・フット

この1mにもなる大きな足は何者?

足から上もそうなのですが、筋肉隆々で血管も浮き上がる迫力。

Dscf0654

  

これは長野善光寺の山門の仁王様の足。

本当に、迫力で眼が釘付けになってしまいました。

文字通り表現すれば、”ビッグ・フット”でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月3日 New「乱高下の中の思考(1)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

山から里へ

夏が終わったと思いきや、秋から冬に駆け足で。

そんな信 州でした。

菅平高原の秋、紅葉の始まりの季節。

Dscf0666

| | コメント (0)

心拍停止

また、NYの株式が大きく下落。

金融危機のボトムはどうにも見えてこない。

いつもの通り、Bloombergを見ているが、

下落の理由は、流動性の枯渇。

銀行間の貸し借りが出来ない状況が続いている。

LIBOR3mが4.12%に。

マーケットではCPの買取手が居ない。

血液が回らない状況なのだ。

記事に、Warren Buffetの言葉が引用されていた。

「まるで市場は、flat on the floor as cardiac arrest だ。」

(心配停止で床に倒れた状態だ。)

強烈な表現に読み取れるが、よほどの強心剤が必要、

ということなのであろう。

いずれ床から起き上がるとして、何時になるのか?

・・・・朝の来ない夜はない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月3日 New「乱高下の中の思考(1)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

菓子じゃ生きて行けん

ある団体の方に私のプロジェクターをお貸しした。

その方には、頂くものは頂きますよ、と事前にお話しておいた。

今朝、プロジェクターと一緒に、立派なケーキが付いて返ってきた。

菓子じゃ生活が出来ん・・

家族は満面の笑みで、早速紅茶を入れ始めている。

それじゃ、だめじゃん!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

10月3日 New「乱高下の中の思考(1)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report10gatu.htm

| | コメント (0)

手前味噌ですいません

資源高騰の折、資源外交を活発に展開。

資源の少ない日本の政府は海外に確固たる資源供給源を

確保すべく、政策的に動いてゆく、と述べている。

ここからは、手前味噌な話になるのでご容赦を。

私は鉱山技術者で、探査(地質部隊)が見つけたお宝を、

設計して開発し、日々の安定操業を管理する仕事です。

私は、国内でこのような仕事に十数年従事し、円高進行で

国内鉱山が全滅した後は、海外の鉱山開発・操業に

携わった人間です。ただ、私の下の数歳下の年代より

さらに下には鉱山技術者はほとんど居ません。それは、

鉱山と言う現場が無くなったことと、主要大学の鉱山学科が

消えたからです。この私も今年で54歳。私から見た

経験豊富な先輩達は次々と引退してゆきます。

鉱山技術者は今や日本では希少絶滅種です。

ここまでになった理由は沢山ありますが、

今の資源外交は、技術が伴わない、札束外交に

近いものになるのでしょう。天然ガスのサハリン2で、

ロシアの暴挙を経験していますが、お金で権益を

買うだけの小手先手段は、結局は行き詰ります。

例えば、トヨタくらいまでに海外に出て行かないと

果実を得ることは出来ないでしょう。

政治家には、机上の論理だけでなく、実業の展開を重んじ、

その実行力を期待したいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

9月26日 New「医療費控除」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/report9gatu.htm

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »