« 将来、絶対問題になるよ | トップページ | FPの日のご紹介 »

デリバティブの解けない問題

昨日も書いた、株価に連動する条件付預金の話です。

この商品で使っている、ノックイン・オプション。

なかなかやっかいで、適当な対策が思いつかない。

こんな商品は買わないのが絶対の対策なのですが・・・

通常のオプション売りには、危くなると売りを建てると言う

対策が考えられます。ところがノックインは、例えば、株価が

9000円まで下がったときに、17,000円の買いの

ポジションを持たされるので、今の9000円の市場では

対策の17,000円での空売りなどは到底出来ない。

本当にやっかいなんです。満期になるまでに、

これを買ったときの株価に戻ることを祈るしかない。

話は変わり、技術的な問題では無いのですが、

金融商品販売法というのがあって、売る側がいかにも

儲かるような誤認を与えるような説明をしたり、

リスクの説明を怠った場合など、その法律に定める

違法行為があれば、買い手は損害の賠償ができる、

というもの。ただし、この違法行為を買い手が証明する

必要があります。敵も敵ですから、証明するのは大変でしょうね。

買った時のメモ書きやパンフレット、販売員の話を

書き記したものを保存するなど、証明するものがあればベスト。

明らかに法律の中にある違法行為があると思えば、

アクションを起こすのも対策の一つのなるかも。難しいでしょうが。

私の同業でさえ、一般投資家に不要な投資や金融商品を

勧める人もいます。簡単に出来たり買えたりするのも

問題と思いますが、最終的には自己責任と自分に言い聞かせて、

その金融商品の中身を良く調べてから行動することです。

「お願い・・・します」

|

« 将来、絶対問題になるよ | トップページ | FPの日のご紹介 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 将来、絶対問題になるよ | トップページ | FPの日のご紹介 »