« また、六甲山 | トップページ | HPのマイナー・チェインジしました »

ガソリン物価指数、その後。

何故かガソリン価格は90円台から100円台に戻っちゃいましたね。

原油価格は40ドル台に下がり、依然円高なんですが、何故?

  

この世界市場・相場の下落と円高で、日本の個人投資家(個人に

限らず、法人も同じですが。)の資産は大きく目減りした。

海外資産の比重が高い人は、相場と為替の二乗でやられたはず。

私も分散を効かしていたとは言え、2割ほど金融資産が傷みました。

  

今日は円高に焦点をあてます、つまり、外貨資産の大きな下落。

本当に忌々しい、ドルやヨーロ建ての株や債券はボロボロ。

但し、教科書的に言うと、外貨が弱い時は円が強い、当たり前。

「でも、それが何ぼのもんじゃい。預金や定期は何も変わらん!」

本当に皆さんの手にある円資産は強く、価値が上がってるか?

そこでガソリン物価指数が関係しますが、円高による生活資材や

輸入原料・半製品が下がらないといけないのです。

その、「ねばならぬ」ことが日本の市場で満足に起きていないのでは。

言い換えると、円高のメリットが十分に反映されていないのでは。

個人のケースで言うと、円高メリットが十分反映されて

生活支出抑制に働けば、貯金の取り崩しのペースが抑えられます。

従来より、貯金の減り方が遅くなると言うことは、従来に比べて

貯金の金利が上がることを意味しています。

  

この円高で、私達個人の円資産の強さを現出させる

一つの形は、為替効果による物価の下落です。(需要減の

物価下落ではなく) ですから、ガソリンもそうですが、

円高メリットは素直に末端の個人まで浸透させて欲しい、

これが私の企業に対するお願いです。

そのようになれば、外貨資産の下落を、相対で補償する

シーソーの仕組みが働くのです。

ウン、ガソリンは80円台でもいいんじゃないですか?

(以上、FP'sEyeのネタでしたね。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

告知 3月8日(日)FPフォーラムinキッズ・ビジネスタウン市川

 恒例千葉商科大学で、キッズ・タウンと同時開催します。詳しくは、

  https://www.jafp.or.jp/tbb/?hojin_cd=912

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

1月23日 New「グロソブの本当の利回り(1)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/reprtjan.htm

|

« また、六甲山 | トップページ | HPのマイナー・チェインジしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また、六甲山 | トップページ | HPのマイナー・チェインジしました »