« 鬼はそっちのけ | トップページ | 経営者と雇用 »

社内留保と雇用

最近、雇用維持・確保の議論で「社内留保を使って」論が出ています。

何を社内留保と呼んでいるかで異なりますが、

B/Sの純資産部のいろいろな剰余金・準備金を指しているとすると、

ちょっと勝手が違って、自由には使えないでしょうね。

B/Sの左側を見て分かるように、利益は何かに姿を変えています。

ただ現預金で利益を留保している企業であれば、この利益は株主の

ものですから、株主は引き出して自分で運用するわい、と言うでしょう。

要は、複利運用のようなもので、利益は再投資されています。

うん、じゃ、雇用の維持はできないのか?

   

恐らく出来ると思います。勿論、限度があるでしょうが。

フリーキャッシュフロー(FCF)が潤沢にあれば、雇用を維持して

高い労務費を払い続けることが出来るでしょう。

但し、これから厳しい経済環境が続くでしょうから、いずれ

FCFも細ってくるでしょう。細るFCF対策として投資を控えることが

一つの対策ですが、これは企業活動を維持拡大させるためには

不可欠で、一時的に調整するとしてもやりすぎると将来の禍根と

なるでしょう。財務的な手段でキャッシュを取り込んで雇用維持を

行うことは経営者の頭にはないでしょうし、このような用途の

資金を銀行が貸してくれる世の中ではありません。

ですから、期限付きの体力勝負と言わざるを得ないと思います。

黒字でも資金借り換えが出来ずに倒産する企業が続出しているので、

経営者は余計に保守的になっているのでしょう。

  

私には社内留保の議論は無理があるように思えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

告知 3月8日(日)FPフォーラムinキッズ・ビジネスタウン市川

 恒例千葉商科大学で、キッズ・タウンと同時開催します。詳しくは、

  https://www.jafp.or.jp/tbb/?hojin_cd=912

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FPのつぶやきは「FP’s EYE」をご覧下さい。

2月3日 New「確定申告ネタ(1)(2)」

http://homepage3.nifty.com/kagiyama/Nikki2009Feb.htm

|

« 鬼はそっちのけ | トップページ | 経営者と雇用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鬼はそっちのけ | トップページ | 経営者と雇用 »