« REITの現状 | トップページ | 身近なカタクリの花 »

FPのお墨付きがあれば

今朝の日経新聞に追加の経済対策案が幾つか紹介されていた。

住宅金融支援機構(元の住宅金融公庫。今は「フラット35」の

住宅ローンを提供)の住宅ローンの頭金を不要にすると言うもの。

現在は購入価格の9割までとしているので、この制限をなくして

持家購入の動機を後押しして、不動産取引を活発化しようとの

試みだ。意図は良く分かるのだが・・・・

FP的に言わせてもらうと、家を買った瞬間から

家計のバランス・シートが債務超過になるケースが多発するでしょう。

高度成長期の行け行けドンドンの中の借金は、結果オーライでしたが、

今後は同じ発想が通用しないでしょうから、個人が大きな債務を

背負うことはよくよく慎重に構えないと人生設計を危うくすることが

起きかねません。

この政策には落とし穴があるので、一つ条件を付けてい頂ければ・・

「この制度での借入の際には、FPのお墨付きを得ること。」

|

« REITの現状 | トップページ | 身近なカタクリの花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« REITの現状 | トップページ | 身近なカタクリの花 »