« 早く良くなれ | トップページ | 探し疲れて »

夫婦の財産、私の財産

親の後見をしている関係で、親達の定額給付金の書類が

実家から転送されてきた。これを見ると、

両親の分は、世帯主の父の口座に振り込まれる仕組みだ。

すなわち、母親の給付金も父の口座に入るわけだ。

夫婦の財産の認識の仕方は、税務上は個別に扱われる。

例えば、夫婦間では簡単にお金のやりとりが行われると思うが、

額が大きいと贈与の問題が起きてくる。

その点、社会保険制度ではゴチャゴチャになっている。

世帯主が妻の保険料も支払ったり。これを税務申告上、

夫婦が個別に支払って個別の税務控除にできないこともある。

何故個人で負担して個人の申告に乗せられないのか?

夫婦であっても財産の色分けの必要性は分かるものの、

国の制度がきちんと夫婦間の財産を区別すること自体を、

否定している部分もある。

本件は子供の給付金もあり、効率面もあることは分かるのですが、

個人の財産の扱いと言うところでは分かりづらいですね。

|

« 早く良くなれ | トップページ | 探し疲れて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早く良くなれ | トップページ | 探し疲れて »