« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

パート収入での「壁」

主婦のパート収入を考える際に、

よく、103万円とか130万円とか、「壁」の話が出てきます。

最近の相談でも出てきていましたが、一つだけ確認を。

夫が自営業等で、妻が国民健康保険、国民年金の保険料を

支払ってきている家庭のケースでは、

先に書いた「壁」はありません。逆に、働く先の健康保険や

厚生年金に加入できるようでしたらウハウハですよ。

また、会社員の妻でも、働く先の社会保険が有る無しで、

「壁」のインパクトが違いますし、頑張って昇格や昇給が

期待できるケースは、どの年収で「壁」を乗り越えられるか、

把握しておいた方が良いと思います。

いろいろなケースを整理して話が出来る専門家にお尋ねを。

十分な情報のもとに、正しい判断を間違えないように。

| | コメント (0)

予定変更

ちょっと温泉にでもと、旅行を計画していたのですが、

義父の体調がいまひとつのようで、

家内が急遽帰省することになり、旅行は延期に。

予約していた旅館を急ぎキャンセルし、

家内の帰省の足の確保を取り敢えずしたところです。

我々夫婦の両親の年齢は昭和元年を挟んだところですから、

いつ何が起きてもおかしくない状況なんです。実際のところ。

それなりの気持ちと行動の準備はしているつもりですが・・・、

来週にかけての近場のお仕事で万が一ご迷惑が掛からないよう、

やれることは早目に仕上げておこ~、と。

| | コメント (0)

金の自販機

商品の会社の方から、また、電話を頂いた。

貴金属の相場の話を聞かれるのかと思い、

NYの相場の動きは大したことはなかったな、と昨日の相場を

思い出しながら受話器を持っていると、

「史上初なんです。」と向こうから切り出す。

何かと思いきや、

ドイツで世界初めて(?)の金の自動販売機が出来たと言うのです。

自販機から出てくるのは、金貨かと聞くと、ミニ・バーとの事。

売値と変動する相場の関係を尋ねると、当たり前ではありますが、

自販機が市場価格に連動する仕組みになっているそうです。

街頭で、そんなに簡単に金の現物が買えるのなら、

世の中に商品の会社はいらないね、と私。

電話の向こうで、「・・・それを言ったら・・・」

今回は早々に電話を切ってくれました。

| | コメント (0)

この銀行は・・・

昨年来、受ける相談の中で、日本振興銀行の名が時々出てきます。

「この銀行の定期預金金利が1.5%なんだけど、大丈夫?」

外観を見る限りは、預金保険機構の制度に組み込まれており、

一応、ペイオフの説明をするのだが、これで事足りているのか・・・

あの名前は有名な人が会長に座っていらっしゃいますが、

消費者金融系を前身として、いままで内部のごたごた話が絶えず。

当然ながら格付けも高くないようです。

まあ、何かあれば「ご迷惑」を被るのは消費者なので、

ペイオフに頼らず、代替のネット銀行や投資手段もあるので、

ここに資金を注ぎ込む必要はないのでは・・・

相談に対しては、私はこんな話で締めくくっています。

定期預金しかありませんが、ペイオフの効かない仕組み商品や

彼らが発行する社債は決して買わないように。

  

皆さんは何か情報をお持ちですか・・・

| | コメント (2)

名人戦、最終戦へ。

いや、ひどい雨でした。

びしょぬれで帰ってきました。

シャワーを浴びて直ぐにパソコンを開いて、

名人戦第6戦の結果をチェック。

羽生が勝って、3勝3敗のタイに。

これで、最終決戦に持ち込まれました。

いや~、面白くなりました。

| | コメント (0)

トップの気分

友人の好意で、住友会館で食事をしてきました。

住友会館とは、泉ガーデンの最上階ある住友グループの

クラブです。要は住友グループの接待所のようなものです。

4Fの入口で友人の名を名乗って、専用エレベーターで

42Fに直行。黒いロングスカートの女性が担当の如く

付き添って案内してくれる。結局、同じ女性が帰りまで。

たまたま、住友グループの社長会である白水会の

会合が終ったようで、私の目の前を住友××の社長さんが

軽く会釈をするので、こちらも会釈をして通り過ぎる。

会社員を卒業して6年になるが、久々に会社員気分に。

友人と共に、すばらしい「晩餐」を頂きながら

ワインを何本か空けて、その日は御開きに。

・・・とはいかず、六本木で飲みなおして何とかその日に帰宅。

違和感の有るような無いような、少し不思議な夜でした。

| | コメント (0)

「かんぽ」でなく「完歩」

昨日はウォーク・ラリーに夫婦で参加しました。

たまたま、私の定期健診の日と重なったため、この検診を

早く終らせるために、朝の7時過ぎから検診場所に行って、

(一番と思いきや、12番目)早々に検診を済ませた。

9時ころ家に戻って、慌てて車で出発。

土曜のせいか道中は込んでいて、締め切りの11時ぎりぎりに

柴又公園に到着。2コースがあった内の15kmを選んで歩き始めた。

天気予報以上に日差しが出て、汗をかきかき、15kmを

昼食休憩をはさんで、4時間半で「完歩」した。

平地の15kmなので、大したことがなかろうとお思いでしょうが、

普段運動不足の体には、結構タフなウォーク・ラリーでした。

昼食のために陣取った目の前の花菖蒲をアップしておきました。

自宅で晩飯を食べながら、比べようもない42kmを2時間走る

マラソンと完歩したウォーク・ラリーの話をしながら、

いつもの時間に床に就いて、夫婦で朝の7時まで爆睡しました。

立ち上がる時に筋肉痛で頭一杯に。

| | コメント (0)

辞任の価値

今回の大臣の辞任は、それほど歴史の高い評価が得られるのか、

ご本人が考えるほどは・・・

日本では、事件が大きくなり、或いは、その報道が大きくなり、

会社のトップがカメラの前で頭を下げ辞任を表明するケースは多い。

会社のトップや経営が、犯罪や癒着、怠慢の原因であれば

辞任も当然と受取られるであろう。いや、クビも当然。

しばらく駐在した北米を見ていると、当然のケースは別として、

その会社のトップは、事態の修復と将来への

改革・布石に奔走するといった情景が多く見られたように思う。

今回の事件は、新聞で見ている野次馬的な一庶民の感覚では、

問題の社長が不正をしていないとして、今後の任期で社内の

意識改革を進めることをノルマにすることで如何であろうか。

執拗に社長の責任を追求した大臣であったが、

事件の一つは厚生局の役人が加担していた訳で、

同じ論法を援用すれば、トップの大臣を辞めさせないといけない。

そんなことをしていれば、今の政権の採点評価になりかねない。

改革にしろ、変化にしろ、その過程と進むべき道を見据えた

思考をしないと、本筋の目的自体が頓挫してしまうだろう。

| | コメント (0)

イランの大統領選

確か今日がイランの大統領選挙では。

現職も北と同じような核武装妄想の持ち主。

北でも3回目の核実験の兆候が報じられています。

国連ベースの集団交渉と圧力をしっかり掛け、

私達は世論を盛り上げてゆかねば・・・と、考えつつ。

何とか核を振りかざした脅威から解放されたいものです。

| | コメント (0)

命名者は吉川さん

今日もある記事で目に付いたのですが、この単語。

「都市鉱山」

都市活動(経済活動)から出る廃棄物の中には

貴重な金属類、元素が僅かながら含まれていますが、

全体として極めて大量の廃棄物が都市から排出され、

これをリサイクル原料として処理することで、

鉱山からの資源を処理して金属類が得られるのと

同じ姿であることを例えたものです。

この言葉、私の働いていた鉱山会社(現DOWA)の

当時社長の吉川さん(現会長)が、鉱山会社のDOWAに

リサイクル業を柱の一つに据える転換期に、

盛んに「都市型鉱山」の名で熱く語っていらっしゃいました。

それは、約10年も前から。

都市鉱山の発想と命名者は吉川さんだと思います。

といって、吉川さんから何か頂く訳でもありませんが、

彼の名誉の為に。

| | コメント (0)

Amazon's day

今日は朝から快晴。

TVの天気予報でも、梅雨前の数少ない晴天と解説。

我が奥様はこれを見てか、朝から次々と洗濯機を回して、

さらに忙しそうにベランダに布団を並べてゆく。

これを見て、私は観念した。

「天気もいいし、どこか遊びに・・」なんてその時に切り出したら、

頭から湯気を出して、「そんな話は昨日の内からしてよ。」と

一喝されるにちがいない。

丁度昼時に、Amazonに注文していた本が届いたので、

観念して午後は寝転んで届いた本の内の1冊を読みきる。

まあ、何と言いますか、平々凡々な日曜日でした。

| | コメント (0)

投資指南はやめてチョ。

今朝もBloombergで北米市場の確認をしていますが、

「やはり」、というか、「相変わらず」というか、

ドルが強い日は金は下がる。

特にここのところは、上記の相関がしっかり出ているのでは。

以前、金の話をしたり、物で書いたりしたせいなのでしょう、

金価格が動いたりプラチナが高騰したときなどは、

商品の会社などから電話でコメントを求められたりする。

情報を集めては個人客に投資指南をするんでしょうね。

いい加減、辟易とするのですが、次は何と答えてやりましょうかね。

・・・

投機的に金で儲けようとする人に、なぜ東工取で円ベースなの?

意味無いじゃーん。

・・・

金に限らず、あらゆるリスク商品やレバレッジ、デリバティブの

投資指南をしている人が沢山いると思いますが、

中途半端は後押しは無責任以外の何ものでもないと思いますし、

これは常に自分の言い聞かせていることであります。

| | コメント (0)

資源の話。巨大鉱山会社の醸成。

マニアックな鉱山関係の話ですいません。

Vale、BHP、Rio Tinto。世界の鉱山会社大手の上位3社です。

借金によるM&Aで膨張した債務に耐えかねたRioは、今年冬から、

中国の国営鉱山会社に巨額の出資を求める協議を進めていました。

これが、ご破算になりそうで、別途BHPからの出資を受ける話に

なりそう、との憶測記事が今朝のBloombergに出ていました。

このBHPは、昨年Rioの買収を発表したものの、Rioの抵抗で

買収から撤退した経緯があります。

この記事を読んでいて、二つ感じたのは、

資源産業は、世界の業界上位2社が結託して寡占するのか?

資源の輸入に頼る日本にとって、正直恐ろしい話でしょう。

日本の製鉄メーカーが、上の会社達に、この数年、鉄鉱石と

石炭の価格交渉で四苦八苦した記事は新聞でお読みと思います。

二つ目は、中国の動き。本件に限らず、中国はこの十年の間に、

国家の意図として、資源を確保するキャンペーンを進めています。

国家体制が違うのが理由と思いますが、資源会社に翻弄される

日本と比べ、国策が明確に見える中国の動きが際立っています。

日本では絶滅危惧種である資源屋が今朝感じたマニアックな話でした。

じゃ、今日も元気に行きましょう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハ~、50年ローンか・・・

住宅ローンのはなしですが。

住宅金融支援機構のフラット35はご存知と思います。

この6月から、新たにフラット50が出来たんですね。

まあ、原則80歳までに完済を条件にしてはいますが、

利用する人がいるんですかね。

需要があるから新たに作ったんでしょうが。

ここのところ、ず~と言っているのですが、

私の親の代の住宅ローンと今の人たちのローンは、

同じじゃないと。完済までの将来にわたる潜在的負荷が。

親子ローンで、親子2代で家を持つという発想になるのでしょうか。

賃貸生活の優位性が将来は増してくるんでしょうかね。

| | コメント (0)

Chrysler、GM→Ford

GMもChapter11を申請した。

前宣伝宜しく、市場では極端に大きなショックはなかったようだ。

前から感じていたように、UAWは如何ともしがたい壁だったのか。

以前からUAWの抵抗は予想していたが、UAWが悪いのではなく、

労組をミニ厚生省のように、年金や医療の保障の機能を持たせる

米国式の社会保障制度の「破綻」とは言いませんが、

国民の生活保障に「弱点」を抱えているように私は感じています。

労組=ミニ厚生省の米国の制度疲労の議論は、

誰も口にしていないようですが。ヒラリーは同じ論者でしょう。

といって、日本のような政府丸抱えの社会保障も急膨張に

アップアップしている訳ですが・・・

UAWの「退職者を守らねばならぬ」と言った姿勢は理解できるのです。

同じ構造はFordにもあるわけですから、一時の財務補強を

しただけの現状では、FordがGMに続く可能性は、

「あると思います!」

| | コメント (2)

業績の差?

しばらく不在をしていました。

いつもは、マイレージ集めと、空港でラウンジが使えるために、

必ずと言って良いくらいJALの利用者なのですが、

今回は、故あって、ANAを利用しました。

私の耳元で相棒が「キャビン・クルーの女性はいつもと違うね。」

言われる前から、私も感じていました。

最近のJALのクルーは、恐らくOGを呼び戻したのか、

コストの節約になるのか、高齢化?が進んでいる。

北米の飛行機会社のクルーは、男性やお母さんが多く

働いていたのは前々から承知していたので、

いわば、JALも北米化してきたものと了解していました。

それに引き換え、ANAはまだまだ高度成長期のJALの如き。

ちょっと下衆っぽい観察でした。

この差は、業績の差から来るんですかね。

「あると思います!」

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »