« イランの大統領選 | トップページ | 「かんぽ」でなく「完歩」 »

辞任の価値

今回の大臣の辞任は、それほど歴史の高い評価が得られるのか、

ご本人が考えるほどは・・・

日本では、事件が大きくなり、或いは、その報道が大きくなり、

会社のトップがカメラの前で頭を下げ辞任を表明するケースは多い。

会社のトップや経営が、犯罪や癒着、怠慢の原因であれば

辞任も当然と受取られるであろう。いや、クビも当然。

しばらく駐在した北米を見ていると、当然のケースは別として、

その会社のトップは、事態の修復と将来への

改革・布石に奔走するといった情景が多く見られたように思う。

今回の事件は、新聞で見ている野次馬的な一庶民の感覚では、

問題の社長が不正をしていないとして、今後の任期で社内の

意識改革を進めることをノルマにすることで如何であろうか。

執拗に社長の責任を追求した大臣であったが、

事件の一つは厚生局の役人が加担していた訳で、

同じ論法を援用すれば、トップの大臣を辞めさせないといけない。

そんなことをしていれば、今の政権の採点評価になりかねない。

改革にしろ、変化にしろ、その過程と進むべき道を見据えた

思考をしないと、本筋の目的自体が頓挫してしまうだろう。

|

« イランの大統領選 | トップページ | 「かんぽ」でなく「完歩」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イランの大統領選 | トップページ | 「かんぽ」でなく「完歩」 »