« 高気圧に守られてる? | トップページ | 改めて年金 »

毎度おなじみ、怪しい電話

昨日のことでした、怪しい電話が入ってきました。

電話を取ったら、女性の声で流暢にスラスラと、

「米国の社債があるのですが、投資のご興味はありませんか。

定期預金のようなもので、元本が保証されています。云々・・・」

まず、如何に私の電話番号を知ったのか尋ねたら、電話帳をみて

掛けてきたとの説明。絨毯爆撃、ご苦労さん。そして、さらに私から、

利付債券であれば、発行体のリスクや金利変動のリスクが

一般的にはあるはずだが、何故元本保証と言えるか尋ねたら、

詳しい者に替わるというので、そんな重要な点を曖昧な人が

営業している団体とはお話ができません、と言って電話を切った。

切った瞬間アッと思ったのですが、先方の名前とその社債の

名前をしっかりと書き留めることをウッカリしました。

何者か定かでない”曖昧な”情報で申し訳ないですが、

毎度おなじみの怪しい話だろうと思います。

念のため、ご用心を。

|

« 高気圧に守られてる? | トップページ | 改めて年金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高気圧に守られてる? | トップページ | 改めて年金 »