« SM比率 | トップページ | 廃線に »

JAL+ANAは無いの?

天下のJALが揺れている、と言うか傾いている。

米国のデルタやアメリカンと資本提携の交渉をしているそうだ。

GMもそうだと思うのですが、巨艦ほど舵を切っても曲がれないのか。

重い図体は大変ですね。

私がカナダに赴任していたときに、カナダ国内の2つの大手

航空会社が合併した。当時、CanadianPacific(CP)と

AirCanada(AC)が国内マーケットを2分していた。

CPは伝統に満ち溢れたカナダの国策会社で、

東の大西洋からから西海岸まで鉄道を延ばし、

駅にはホテルなどのインフラを造り、航空路線も整備した。

現地では仕事や遊びで長短距離の飛行機を使う頻度は

極めて多く、私はCPの愛用者でポイントも結構貯まっていた。

こんなCPも格安航空会社や米国勢に押されて業績が悪化し、

ついに、ACに吸収合併されることになった。

この時、CPとACの陰で、米国の航空会社がTOBを図り、

米国勢の間でCP・AC争奪の代理戦争に発展したが、

最終的にはカナダ政府が米国勢の買収に許可を与えず、

カナダ会社のACがCPを買収する形で収まるという、

茶番劇がありました。

当時私は新聞を読みながら気を揉んでいたのは、

貯まったポイントが保護されるのか、この一点でした。

「この非国民」?

国と時は変わり、JAL+ANAは、有り得ないのでしょうか。

「あると思います!」

|

« SM比率 | トップページ | 廃線に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もあり得るとおもいますが、ANAの方が支えきれるのでしょうか?

投稿: 大泉 稔 | 2009年9月21日 (月) 15時55分

そうですね~。あるとすれば、ANAが資産整理や組合との契約変更など、多くの要求を飲ませた上での吸収でしょうね。JALはまな板の上の息の絶えた鯉なのですから。

投稿: Mt.Key | 2009年9月22日 (火) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SM比率 | トップページ | 廃線に »