« 遺言書探し | トップページ | SM比率 »

習志野のさんま

今日は用事を終えて、最寄の駅に午後6時過ぎに着いた。

お腹も減って、夕食目指して我が家へ向かう。

普通に歩いて20分弱の道のりなのですが、

通りを歩きながら、香ばしい間違いない「さんま」を焼く香りが

流れてくる。この匂いは、空腹のお腹をさらに強烈に刺激をする。

この匂いは、通りを歩き進むにつれて、次から次へと

何軒もの家から心地よいテンポで漂ってくる。

きっと、近くのスーパーでさんまの安売りをしたに違いない。

恐らく、大根としその葉も一緒に買われて行ったのでは。

蝉に替わる虫の音を聞きながらの秋のミニ道中でした。

落語「目黒のさんま」好きの、庶民派FPによる、

「とおりの晩ごはん」の中継でした・・・

|

« 遺言書探し | トップページ | SM比率 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遺言書探し | トップページ | SM比率 »