« 頭にHeavyな大会 | トップページ | ポイント、助かるか? »

頭にHeavyな大会でした

昨日は懇親会までガッツリ参加してきました。感想として、

経団連会館は建物が新品になり、ありきたりの表現ですが、

内外、設備ともにきれいに整っていました。懇親会も、いつも

私の参加するブッフェスタイルの懇親会は、1時間もしないうちに

寿司などのめぼしい食べ物は無くなってしまうのですが、

最後まで供給が続くのか、全ての食べ物が最後まで出ていました。

懇親会では、行き会う人に自己紹介をするのですが、

FP業に興味のある人は少ないようで、山師の金の話の方が

うけていました。やはり、周りはアナリスト達なんですね。

コモデティに目が行ってるのでしょうか・・・

そうですね、番外の感想ばかりではなく、会議本体の感想へ。

  

講師・パネリストは、前日銀総裁や前産業再生機構のトップで

今のJAL再生タスクフォースのメンバーの一人、前企業年金連合会の

理事や財界の経営者や米国からバンガードの役員など、

そうそうたる顔ぶれでした。

アナリスト的には、百年に一度の出来事を、金融工学の

確率論で済ませて、頭を掻いていてよいのか、といった指摘が

印象に残りました。「ファット・テイル」と言った表現が出ていて、

確率曲線の2σの外側の数%のリスク管理をどう考えるか、

専門家の話題の一つになっているようです。

また、バブルは繰り返すのか、といった命題には、前産業再生機構の

メンバーは、今の経済機構では、バブルは繰り返しながら

経済は新しい局面に入る繰り返しが常態で、今後も繰り返すとの

見方でした。じゃ、今回のバブルも「GreenShoots(新芽と

訳していました)」を生む痛みなのか・・・フムフム。

また、年金基金の資産運用方針の話で、長期運用は、

言わずも知れた資産運用がベースなのだが、リスク管理で、

例えばリスク許容度(ダウンサイドリスク)を設定すればするほど、

足元の大きな変動・下落を許容できなくなり、

長期運用の旗頭に矛盾が生じる、との指摘も記憶に残りました。

最近、国の年金資金の運用で、マスコミや野党が

盛んに評価損失をやり玉にあげて叩くことも含めて話を

したのだと思います。

    

それと一つ、気に入ったたとえ話を仕入れました。

米国人の話の中でしたが、目の前のスクリーンに、

象形文字のようなバンザイをした人の形が3つ映っていました。

マラソンのゴールで、1位の人が両手を挙げてゴールしてきます。

すると、次も次も、3時間後、4時間後にゴールする人もバンザイで

ゴールしてきます。それを見た子供の一人が言うのに、

賞にも入っていないのに、手を挙げてゴールするのはナンセンスだと。

その米国人曰く、みんなオリンピックの選手になれる訳ではない。

一人一人トレーニングを積んで、自分の目標タイムを持って

ゴールをし、自分の健闘にバンザイするのだと。

米国人の話は個人投資家への例え話ではなかったのですが、

私としては個人投資家にも共通のポイントを突いていると感じて、

今後私が個人の方々に投資の話をする機会があれば、

使わせて頂こ~と、思います。

   

とにかく、頭がHeavyな、長い一日でした。

会議中もほとんど?起きてきましたヨ~。

|

« 頭にHeavyな大会 | トップページ | ポイント、助かるか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頭にHeavyな大会 | トップページ | ポイント、助かるか? »