« おいでませ、私の講座へ | トップページ | Vancouver Now(3) »

Vancouver Now(2)

世界的な祭典、Vancouverオリンピックが始まっています。

私が家族と共に、96年から5年余りを過ごした街です。

仕事と私生活で、貴重な経験とすばらしい思い出を与えてくれました。

オリンピックを見ながら、思い浮かぶ事柄を書いてみます。

 

開会式の最初は、カナダの先住民の登場とパフォーマンスでした。

カナダとの比較で、米国のインディアンは、西洋人に力で

押さえ込まれて、一定の地区、居留地に押し込まれているようです。

カナダの場合は、先住民との権利や既得権を話し合いで

解決してきました、いや、解決しようとしています。

比較的大西洋側や東部は、先住民との話し合いは

既に妥結しているのですが、VancouverのあるBC州は

まだ交渉の最中です。BC州だけでも、開会式に出ていた

モスキアム族などの4つ以外にも多くの種族・グループがあり、

自分達の伝統的な土地と裁量権を求めて交渉をしています。

勿論平和的な交渉が進んでいますが、彼らの主張する土地の

面積を単純に合計すると、BC州の面積の数倍になるそうです。

要は、種族間の土地の境界などは無く、錯綜しているのです。

これは忍耐と時間の掛かる、カナダ固有の問題といえます。

|

« おいでませ、私の講座へ | トップページ | Vancouver Now(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おいでませ、私の講座へ | トップページ | Vancouver Now(3) »