« Vancouver Now(11) | トップページ | Vancouver Now(13) »

Vancouver Now(12)

世界的な祭典、Vancouverオリンピックが始まっています。

私が家族と共に、96年から5年余りを過ごした街です。

仕事と私生活で、貴重な経験とすばらしい思い出を与えてくれました。

オリンピックを見ながら、思い浮かぶ事柄を書いてみます。

 

日本と外国との時差の感覚って、分かりづらいですね。

日本とVancouverは17時間、これってどう計算すればよいのか。

いろいろな計算法があると思いますが、日本の時間から

17時間を引くのは24進法では計算しづらい。

では、7時間を足して、一日カレンダーを戻せば如何?

こんな時差の話ですが、Vancouverの会社員って、

結構まじめに朝9時には事務所で机に向かっています。

「結構」というのは、失礼でしたか・・・

勿論彼らは日本の会社員と同じように勤務を開始するのですが

もう一つ、私の観察では大きな要因があるようです。

それは時差です。

カナダのビジネスの中心地トロントや、米国のニューヨークなどの

東海岸との時差は3時間。Vancouverの朝9時は、

トロント、ニューヨークの正午です。ということは、

Vancouverの朝9時に東海岸に電話しても、相手は昼食で

離席してつかまらないかもしれません。

本社や主要なオフィスがある東海岸との打合せを思うと、

Vancouverの9時前には、事務所で電話会議などが

できるように出勤していないといけません。

ですから、「結構」9時前は、一部市内の道は混雑します。

時差って、悩ましいのです。

4月末からのサマー・タイムが始まると

日本との時差は8時間。この時差も、

日本の会社員の私としては、結構ビミョウな関係です。

一度、双方の時間の関係を比べてみてください。

|

« Vancouver Now(11) | トップページ | Vancouver Now(13) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vancouver Now(11) | トップページ | Vancouver Now(13) »