« 市民相談 | トップページ | 桜前線を追い越した? »

合格おめでとう

先週妹からメールが入っていて、長男=私から見て甥っ子が、

大学の後期試験に合格したことが書いてあった。

一浪をして、今年の前期試験で希望校に落ちていたので、

本人のみならず親共々、ホッとしたことだろう。

公立校なので、授業料の面でも少しは助かるであろうし。

本当に合格おめでとう・・・

同時に私の頭に思い浮かぶのは、現在の求職難の世の中と

街を就活スーツを着て歩き回る学生達の姿。

もしかしたら、若者にとって、いつ合格できるか、ではなく、

いつ卒業するのか。この方が人生を決める

重要な要素かもしれないな、と思う。ある種の巡り合わせだ。

卒業する年の就職事情が、彼らのその後の人生を

大きく左右すると言わざるを得ないかもしれない。

私のような甘えた学生生活を過ごした者に言う資格はないが、

今の学生は4年間の間に、自活を意識した人生設計を

組み立てて、その助走に入らないといけないような気がする。

助走の方向やスピードによっては、海や国境を越えて、

きっと、より広い舞台が視野に入るはずだ。

来月に会う甥っ子に、こんな助走の話をしておこうかな。

|

« 市民相談 | トップページ | 桜前線を追い越した? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市民相談 | トップページ | 桜前線を追い越した? »