« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

定期的な形に

いくつか自治体主催でスポットの相談会を計画。

最後の相談会がこの週末に実施して、予定したものは完了。

これからはこのような相談会を定期的に実施できないか、

自治体と交渉して行かなければなりません。

自治体によっては、問題・事件が起きた市民のための相談業務と

決め込んでいるケースも見られ、私達のような予防的な相談を

どのようにして受け入れて頂くか、このあたりがポイントです。

まあ、もう少し歩き回って、営業しますか・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水汲み

時々、久留里方面に自然の湧水を汲みに、

家族とドライブに行くのですが、

先日も思い立っていつもの場所まで水を汲みに行ってきました。

その近くを散策していて、久留里の駅前に観光案内所が

あったので、ちょっと一服。

いつもとは異なる市内の新しい湧水の場所を尋ねようと思い、

案内書のおじさんに湧水の場所を教えてもらっていました。

ふと後の壁を見ると、どうも夜に蛍が舞い飛ぶ写真が掛かっている。

この蛍は?と尋ねると、久留里の大坂地区で

6月上旬ころから見られるとの事。

家に帰ってネットで確認しようとしたのですが、

同じ君津市内の「清和の森」の蛍の記事は沢山あるのですが、

大坂地区の記載は一つも見当たりません。

これは秘密のスポットか・・・・?

6月の夜、ちょっと探検に行ってみますね。

蛍が見ることができれば、ここで報告しま~す。

| | コメント (0)

土地の境界でね~

親からの相談で、実家の土地について、

お隣と土地の境界についてはっきりしないところがあり、

お隣から話を受けて困っていると言ってきた。

親といっても高齢なので、長男の私がやるよりない。

お隣と確認をして、実家のある市内の土地家屋調査士3社に

連絡をして見積がでてきたところ。

安くならないかとカウンターを出したところ、全てが「やります」と。

今日、各社に細かい作業内容を聴取しているところです。

今のところの作業料は12万円。高いのか、安いのか・・・

50年前の分譲地なので、法務局に登録されている

地積測量図は古くて精度が低いそうです。

また、測量基準点とリンクしていないので、

測量をして「境界はここです」と言えないそうです。

事務的に処理しようと考えていたのですが、そうでもないようで。

いろいろ勉強にはなりますが、面倒だな~。

| | コメント (0)

芝桜を求めて

近場探訪の第三弾。

TVで、秩父や栃木の芝桜がきれいに咲いているのを見て、

見に行きたいな~。でも、人の混み方と渋滞を考えれば・・・

やはり、近場で探そう。と言うことで、またまた近場で探索する。

千葉市若葉区の富田都市農業交流センターをネットで発見。

それほど大きな規模でもない公園なんですが、

どうやら芝桜は今年初めての公開のようだ。(未確認ですが)

公園の一角の花畑が、全て芝桜で覆われている。

100m四方には少し及ばないくらいの面積ですが、

結構、芝桜の絨毯のような風景をかもし出している。

花の峠は越えているようですが、まだまだ下の写真のような

風情ですので、間に合いますよ。

知名度もないせいか、人もまばらで連休中でも静かなものでした。

100504_121601

| | コメント (0)

見上げてごらん

連休巣篭もり組の近場探訪の続きです。

スカイツリーの足元まで行ってみました。

タワーの水平断面が土台部分は三角であるものが、

上部に行くに従い円形になって行くので、

角度によっては柱がツィストしているように見えますし、

あるいはタワー全体が傾いているように見えるかもしれません。

俗っぽい表現しかできませんが、えらい高すぎて首が痛くなる。

タワー下の工事現場に面した道端のブロックの上に腰掛けて、

タワーの先端を見上げながら、歩きつかれた私達家族は小休止。

と、私の横に座っていた初老のおじちゃんが声を掛けてきて、

「目の前に塀の上辺りから、今の高さまでたった1年で組み上げた。」

と解説をしてくれた。

良く聞くと、毎日のように「観察」に来ている「ファン」のようです。

私が質問するたびに、きっと彼は江戸っ子なんでしょうね、

べらんめえ調の異国(私にとって)の口調で色々なことを教えてくれる。

その一部をご披露すると・・・

・タワーの円筒形の柱の鋼板の厚さは10センチ

・接合部は溶接。ただ、そんじょそこらの溶接じゃない(?)

・今日時点の計画高は370mだが、実際は358m。12mの遅れ。

・世は連休でも休みは日曜だけ。その他の日は工事日。

・遅れを取り戻そうとしているのか、タワー頂上のクレーンで

 上げ下げしている資材の量は、普段よりはるかに多い

・これまでに人的災害はなし

まあ、以上は一部でして、私達も短時間で

スカイツリー博士になった気分。

20分ほど話をして頂いたでしょうか。おじちゃん、有難う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤がきれいでした

自由業に転職してからは、連休に遠出をする機会が減りました。

泊りがけの旅行は、平日に。といっても滅多にはないのですが。

そこで、今回の連休も、巣篭もりをして、近場で遊ぶことに。

近場の徘徊とは言え、結構新たな発見もあります。

昨日は、ネットで「藤まつり」の文字が目に付いて、

亀戸天神へ車で出掛けて、藤の花を見てきました。

スイスイ走って、午前中の早めに到着したので、

境内の駐車場に、一発でOK。当然、無料。

コンパクトな境内の半分は満開に近い藤棚といった感じです。

正確に測量した訳ではないですが、満開に近い藤の花を見ると、

花のボリューム感から面積が過大に見えてしまうのでしょうか。

太鼓橋の最後部から、藤棚を上から見下ろすことができるのも、

通常には無い珍しいパターンで、見入ってしまいました。

見下ろした藤棚の向こうには、本堂と工事中のスカイツリーが

ド~ンと目に入ってきます。

区民や近隣の方は当然のこと、「知る人ぞ知る」のでしょう、

時間が経つに従って、多くの人たちが押し寄せてきていました。

ひどく混みあってきた頃には、お先に失礼しました。

ここは見る価値がありますよ・・・恐らく今週一杯は見ごろでしょう。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »