« 千葉県は新興国 | トップページ | 他人事と思えぬ鉱山事故 »

トロイカ、とろいね

鳩山由起夫の仲裁に大義はあるのか?

過去の遺物トロイカを維持する理由はあるのか?

小沢一郎が日本国の首相でよいのか?

病巣を繕って何が残るのか?

小沢一郎を押す議員は何の利得があるのか?

たった今まで、見ていたTVニュースがかまびすしい。

権力主義とお金の配分がリンクしている過去の政治家 小沢。

このような批判のほかに、

 公の人前に出てこない。

 本当の話を分かりやすくしない。

 病気を理由に逃げ隠れする。

自民の対抗軸としての民主を応援してきたが、

トロイカに続く第二グループが民主本流を守れるのか、

信じる気持ちの糸のテンションは一杯いっぱいです。

|

« 千葉県は新興国 | トップページ | 他人事と思えぬ鉱山事故 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉県は新興国 | トップページ | 他人事と思えぬ鉱山事故 »