« エコ保険学会 | トップページ | 神よ、我を見すてたか »

たまには学会も楽し

昨日は保険学会の一日目に参加してきました。

目的は午後の「今後の保険販売」をテーマとした講演会。

まず5人が講演し、その後、この5人のパネルディスカッションに。

5人は、大学の教授、生損保職員、代理店の方々。

さすが、学会というか、教授は裁判判例における

代理店、保険会社間の賠償責任の法的構成を問う講演でした。

法的根拠等の質問も他の先生から出ていました、スゴイ。

企業の人たちのテーマは幾つかありましたが、

ある生保→未払い問題を踏まえた医療特約の一本化による

商品のシンプル化。これには、一人の聴衆が疑問を浴びせたが、

生保の人の頼りない回答。きっと会場の誰もが

シンプル化などとは受け取っていないのではないでしょうか?

他に大きな議論は、情報公開。特に、約款や保険料率表の公開を

迫る代理店やネット生保に対して、生保側の反論(使う側で誤って

使うと判断を間違える。保険料以外に比較できない要素がある、云々)

は「シンプル化」同様、問題の核心を捉えていない回答です。

ただでさえ目に見えないものを、どうやって消費者は比較できるのか。

昨日は問題になっていませんでしたが、法人に節税を謳う

損金話法を駆使しての営業がありますが、節税と言い切る部分に

私はずっとネガティブな立場を取っていましたが、

同じように私も批判的に見ていた上の議論を聞くことができて、

とても有益で改めて考えを整理する時間を持つことが出来ました。

業界ベッタリなのかな、と心配しながら会場に行きましたが、

きちんと業界と距離を置いた、中立な学会とお見受けしました。

もっと声を大にして学会の意見を世に向けて出して欲しいですね。

|

« エコ保険学会 | トップページ | 神よ、我を見すてたか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エコ保険学会 | トップページ | 神よ、我を見すてたか »