« 「樅の木は残った」・・・か? | トップページ | 格が下がると、カクッと下がる債券? »

今年は埋蔵金で正月を

会社を辞めて、7年が経ちます。

年月の経過の速さを驚くか嘆くかは別にして・・・。

年末の整理をしていたら、色々思わぬものに出くわします。

昨日は、私が会社を辞めるときに、同業の仲間や取引先から

餞別に頂いたデパート系やカード系の商品券を見つけた。

その後の頂き物や景品も加わり、結構な金額になっていました。

私の家内の貧乏性と言うか、あらゆる物を「大事」?に

貯め込む。冬の到来を前に木の実を貯めるリスのように。

その一部が使われもせずに忘れ去られているのです。

私の職業柄、金利も付かない有価証券の保有は、

運用による機会損失にしか私の目には映りません。

号令一番、商品券全ては正月を迎える年越し費用に。

まあ、なんと言いますか、

今年の正月は、「埋蔵金」で暮らす正月やヮ~~~。

|

« 「樅の木は残った」・・・か? | トップページ | 格が下がると、カクッと下がる債券? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「樅の木は残った」・・・か? | トップページ | 格が下がると、カクッと下がる債券? »