« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

よその停電時間は?

計画停電に相変わらず振り回されますね。

先週は都内のお仕事だったので、停電の心配はなく

通勤の際の交通機関の心配だけだったのですが、

4月から埼玉での仕事が続くので、

先方の計画停電のグループを確認してから出かけないと、

とんだ無駄足を踏むことにもなりかねません。

まあ、暖かくなれば停電から解放されるようですが。

はやく原発が落ちついてくれればいいですね。

作業員の皆さんの安全な作業と進展をお祈りしています。

| | コメント (0)

やはり移動時間は安全を見て

今週は、「いざ東京へ」ということで、

千葉の自宅から基金訓練講師で上野、中野に通いました。

やはり、移動の際に、ダイヤが間引き運転だったり

平日に休日ダイヤで運転するなど、

また、特定の区間で快速運転を取止めているなど、

若干予定より時間が掛かっているようなので、

良くお分かりのこととは思いますが、

時簡の余裕を見て動かれた方が懸命ですよ。

| | コメント (0)

いざ、東京へ

今週は上野での基金訓練の講師のためにお出かけです。

先週は地元習志野、千葉での仕事以外は中止か延期になったので、

東京方面へ出るのは、震災後は初めてです。

電車の本数が絞られているようなので、

どれくらい安全を見て早く自宅を出ればよいものか、

ネットで京成の運転ダイヤを見ながら「考え中」です。

まあ、1時間早く出れば大丈夫でしょう。

山手線沿線と内側は、計画停電がないようなので、

早く着けば、どこかでコーヒーでも飲んで

時間調整が出来るでしょう。

ん、上野でパンダに会えますかね~

| | コメント (0)

精米から時間が経つと美味しくないっすよ

今日も夕方、ワイフと夕食のお買い物にスーパーへ。

鮭の切り身があったので、これでチャンチャン焼きに決まり。

幸いお安いキノコ類と野菜を買うことにして、お支払いへ。

レジで並ぶと、相変わらず、おじさんが両脇にお米を抱え、

女性がカップラーメンを山のようにまとめ買いをしています。

私は買いだめのメリットって、何も無いと思っているんです。

間接的に、物量、流通の面で被災地の足を引っ張っているし、

自分達も高い買い物に終始して、お金を無駄にしています。

じゃ、企業が儲かっているのか?

勿論、便乗値上げも必ずあるとは思いますが、結局は、

値上げ分は小売業者や製造者の利益には直結せず、

残業代や無理をした流通費のコストに拡散しているだけ。

要は、人の足を引っ張って、自分の首を絞めるのと同じでは。

といって、レジの列の前の人に説教しても埒はあかないでしょうし。

どうすればいいんでしょうね。

私達の方は、スーパーで買える食材での副食中心の食事で済まし、

お風呂はシャワーにして、衣類はまとめることで洗濯回数を減らして、

何とか被災された方々との連帯を計りたいと願っているのですが。

海外で日本が賞賛されている記事があることを伝えていますが、

実際、暴徒化しないだけマシと言うべきなのでしょうか。

「おじさん、買いだめは良いけれど、精米してから

長い時間が経つと、お米は美味しくないっすよ。」

| | コメント (0)

私は買いだめを責められない

関西の実家の母から、地震後時々、心配伺いの電話が入ってくる。

今日も電話があって、

「何か不自由なことはないか、必要なものを送るよ」と。

神戸の震災に被災しているので、それを思い出しながら、

息子家族の心配をしてくれているのだろう。

地震とは関係ないが、この時期、神戸あたりはイカナゴ漁が

解禁になり、イカナゴの佃煮「釘煮」の季節になる。

早春の旬というべきでしょうか。

今日は、買ったイカナゴでいつもの手作り釘煮ができたので、

これと一緒に何か送ろうか、と言った流れでもある。

その場では緊急に必要なものは無かったが、

母が買い物で体を動かすのも健康のためになるだろう、と思い、

乾電池、ろうそくとホッカロンをお願いした。

先ほど夜に、また母から電話があり、

乾電池はかろうじて単三が1パック、ホッカロンもやっと一袋、

ろうそくは棚に残っていた4箱を全部買ってきたと。

おいおい、それじゃ買占めじゃん。

私も結局は買占めの片棒を担いでしまったのかな。

ということで、釘煮と共に、ろうそくが4箱送られて来るようです。

ご入用の方がいらっしゃれば、お分けしますよ。

| | コメント (1)

マッチング・ギフト

グルーポンって、ご存知ですか。

事前購入のクーポンなのですが、食事やエステのクーポンが

5割引きかそれ以上で買えることがあります。

昨年末に問題になった、残飯のようなおせち料理を

提携した店が送りつけた、あのグルーポンです。

その他にも、幾つか問題を起こしていましたが。

私も安さに惹かれて、注意しながら、時々利用しています。

そんなグルーポンで、震災の義援金を募っていました。

私が一口200円を出すと、倍の400円が義援金に回るそうです。

また、いかさまかな・・・と思いながら説明を読むと、

企業や篤志家の寄付と抱き合わせで支援の資金を

送ろうという仕組みのようです。

ですから、グルーポンが身銭を切るのでなく、流れる寄付を

利用して、個人の寄付の呼び水にしようと言うもの。

欧米の仕組みであり、マッチング・ギフトと呼ぶそうです。

まずは、試しに、私も参加してみました。

| | コメント (0)

小額の買い物は恥かしい2

今日も夕食の買い物にスーパーへ。

小額の買い物なので、恥ずかしいのですが。

そんな中で、一つ発見。

計画停電の寸前にスーパーに行くと、停電のまま閉店にすることを

決めたスーパーは、魚のような生鮮は半額処分していました。

おっ、刺身の盛り合わせが半額。

今晩の酒の肴は、これで決まり。

計画停電の前は、

「ショッピング、チャンス!」

| | コメント (0)

街の様子

今日は、午前から計画停電。パソコンも使えなくなります。

そこで、来月の研修に使う船橋勤労市民センターの会議室の

使用料を支払うために、午前中に船橋まで行ってきました。

天気も良いので、健康とガソリン温存を考え、自転車で。

船橋までは、京成の駅で実籾(自宅のそば)から六つ目の駅。

距離にして10キロほどでしょうか、自転車で約45分。

風も弱く、快適なサイクリングです。

おまけに、要所での渋滞を横目に、快調、快調。

街の様子も、停電の具合は勿論、よく見えます。

あまり、楽しくなかったのは、ガソリン・スタンドです。

停電で営業が出来なくなったガソリン・スタンドの前で、

行列で待ちわびていた運転手が店員に大声で恫喝している。

もう1店でも、ガソリン在庫が切れた直後のスタンドの入口で、

行列の車から運転手が店員をののしる声が耳に入る。

長い時間待ったのは分かるけれど、事情が分かるのだから。

前を通り過ぎる私が、何故か恥かしくて悲しい思いをしました。

さらに進むと、幹線道路の渋滞の中に、習志野駐屯地から

出て来たのでしょう、「災害派遣」の看板を前面に掲げた

自衛隊車両が見える範囲で20台以上が動けなくなっている。

これも、警察と連携して、緊急車両扱いで誘導してあげて、

一刻も早く災害現地に駆けつけて欲しいと感じながら、

ペダルをこいでいました。

今日のサイクリングで、電車代またはガソリン代が浮いたので、

またネットから小額ですが、寄付しておこうと思います。

| | コメント (0)

小額の買い物は恥かしい

この土曜日以降の私の仕事はと言うと、

月、火曜日に地元でセミナーをした以外は、

全て予定はキャンセルまたは延期の状態。

都内で約束していた飲み会も勿論中止。

自宅の作業場で先の仕事の資料造りに励んでいます。

ということで、時間もあるので、食事で要るものがあれば、

随時近くのスーパーに買い物に出かけています。

昨日も、昼食のうどんに載せるかき揚げを買いに

スーパーに行ったのですが、

カゴに野菜かき揚げとシメジを入れて、

レジに向かうと、お分かりの通りの大行列。

ほとんどの人が、水、米、パン、紙、カップ麺やレトルトなどの

食料や日用品を山ほどカゴに詰め込んで並んでいます。

何で、私みたいな、196円のお代を支払うために、

15分も行列をして待たなければならないのか・・・?

皆さん、1万円札で買い物なのに、私は百円玉2枚を差し出す。

あまりの小額の買い物なので、恥かしい・・・?

いやいや、ちょっと皆さんの連想が異常なのでは。

大体、日本で米などは大余りの状態であることは周知なのに。

ということで、我が家は、その日の夕方には又買い物に出かけ、

魚の切り身を2枚買ってきたりで、買占めに加担することなく、

細々と命を繋いでいます。

被災者の方々の健康と安全を祈りながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »