« 吉高の一本桜 | トップページ | 大変、忘れてた! »

投信と東電

今回の原発事故以来、東京電力の株式は暴落。

事故前の株価に比べて4分の1になっています。

これは投資の観点からの話ですが、

東京電力の株式は多くの投資信託が組み込んでいます。

二酸化炭素を抑える環境に配慮した発電事業(原発)を展開、

といった評価から、環境テーマの投信にも取り上げられています。

今回の事故で、東京電力をどのように評価し、

東電株の組み込みを見直すのか、

投信の委託会社(運用会社)から個人投資家に

何も説明もありません。

ただ、住信アセット社は、東電の評価を見直すことや、

見直し後の除外・売却を随時レポートで投資家に報告しており、

投資家に対する真摯な姿勢を私は評価したいと思います。

ヒット商品を作ればよい、売れればよい、あとはあなたの自己責任、

といった、目に見えにくい商品を販売する金融や保険の世界で、

情報格差を逆用するのでなく、格差を埋めてゆくことで

個人投資家に判断の情報・機会を提供することは大切です。

住信アセットの例は、ささやかな一例かもしれませんが、

日頃の姿勢や行動の積み上げは重要だな、

と改めて考えている次第です。

|

« 吉高の一本桜 | トップページ | 大変、忘れてた! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉高の一本桜 | トップページ | 大変、忘れてた! »